• 2015年8月21日 /  No Comments

    システム開発の仕事に就くため、学生たちは専門分野の勉強ができる学校に通っている。学校での勉強を通して確実にシステム開発の仕事を得るためには、実際の仕事で通用する実力を身につけられなければならない。指導内容のクオリティが、学生たちの将来を左右することにもなる。それだけに、システムエンジニアを育成している学校の責任は重大である。学生たちにとってどのような学習カリキュラムを組み立て、指導を行なっていけばいいかについて、十分な検討を必要とする。
    確かな学習カリキュラムを構築する手掛かりとなるのは、システム開発の現場で管理職にあたる人物が、どのような人材を求めるかをリサーチすることが参考とすることができる。管理職の人物が必要としている人材であれば、それだけ開発の職場へと採用される可能性が高まる。システム開発のエンジニアになるために学生が通う施設では、システム開発会社などとの人脈やパイプを持ち、リサーチ活動に力を入れている。

    将来学生たちが進むことになる職場では、どのような人材が求められるかについて、現状における業界での情報収集を欠かさない。リサーチ活動の成果から得られた情報により、学生の能力開発のための的確な学習カリキュラムが立てられる。エンジニア育成の教育施設が、学生たちからの信頼に報いるためにも、開発現場のニーズを分析した上で仕事がこなせる実力を持った人材が育てられる取り組みに力が入れられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です