• 2015年8月22日 /  No Comments

    学生が仕事で通用するような技術を身につけるには、本人の意識と共に、技術を指導する学校の役割が重要になる。システムエンジニア志望者と教育機関が互いに協力し合うことで、確かな仕事の能力が身につく。エンジニアを育成する学校の役割としては、プロ意識を持った人材を育てるという使命がある。

    学生の頃は、どこかに仕事に対しての適切な姿勢を持っていない。そのため、実際に職場で仕事を始めると、大きなギャップに悩んだり、さらには仕事が続けられないといったことになりかねない。このような問題を避けるためには、エンジニアの教育機関での指導の中で、プロとして通用するような高い意識を育成していく必要がある。
    システムエンジニアの志望者たちに対して、プロ意識を持たせる重要な役割を教育施設は持ち、彼らが将来仕事が続けられるかどうかの責任を負う。そのため、エンジニアを育成する学校では、日々厳しいカリキュラムが課される。しかし、学生として少しずつシステムエンジニアの勉強の厳しさに慣れていくに従って、システム開発のプロとしての意識が身についていく。そうすれば、実際にシステム開発の職について、業務を任されたとしても、ギャップを感じることなくスムーズに仕事に従事する事ができる。教育施設でのカリキュラムの厳しさについていくことができない学生も確かにいるものの、他の道を選んで新たなチャンスを模索する事ができるという点で有意義である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です