• 2015年9月27日 /  No Comments

    コンピューターの技術開発の能力を持った人物は、システムエンジニアとして働くことができる。しかしその一方で、これからの世代のエンジニアを育てる人物も必要となる。技術を継承し、新しいエンジニアを開発現場に送り出す役割を、システムエンジニアの学校で果たすことができる。

    しかし、人間に技術を教えるというのは、コンピューターとは違った難しさがある。コンピューターは論理的であり、その挙動に必ず何らかの明確な理由がある。しかし、人間を相手にする場合では、気まぐれで不安定な部分が多い。情報通信技術の学校で生徒に指導する立場に適正あるシステムエンジニアとしては、人間についても詳しい洞察力や分析力を発揮することができる人物が挙げられる。相手の些細な行動や言葉から、相手が何を考えているのかを推察できる能力があってこそ、教育者として有意義な教育指導ができる。相手の心を捉えて学習をサポートすることが、エンジニアを育てる学校で教師として必要となる能力である。教師として以外にも、コンピューターシステムの開発においても、ユーザーについて常に意識しなければならない事は変わらない。常に人の存在を念頭において、システム開発を行ったり、エンジニアを育てられる指導ができる人物は貴重である。コンピューターシステム開発に深い知識や経験があるだけでなく、教育にふさわしい適正や実力を持つ教師がいる教育施設は、優れた人材を育成することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です